食育 | 神戸 口臭外来 西村めぐみ

食育

先日、「兵庫県学校食育研究会」という勉強会へ。学校歯科医としてたくさんの子供達のお口の中を診ていらっしゃる大学の先輩の豊田裕章先生が食育としてどのような事が必要かをお話されていました。外食、中食、やわらかい物ばかり食べているなどから生じる咀嚼の機能不全の対策として、ピロピロがひじょうに良いとの事。あの「吹き戻し」です。子供の頃、ピーっと吹いて遊んだ記憶が皆様にもあると思います。子供達だけでなく、口周りの筋肉の力が弱くなっている大人にも有効!また、ロングブレスですると、お腹をかなり使うので腹筋が割れてくるかも笑今は医療用として、レベル別に売られています。ストロングはなかなか手強いですよ。クリニックには今、レベル2を置いていますので患者さまには試して頂くことができます。

他には加古川の小学校でのいかなごのくぎ煮を作る体験のお話や、県産の物、子供達が自分達で作った野菜で料理をするお話など。とても心に残ったお話としましては「昔は家庭で食育は行われていたが、今はそれができないので学校での食育が求められている」とのお話。私は母親として子供には「食べることとは」についてよく自分で考え、自分で選択し、自分で調理できるような大人になってほしいと考えて自分なりの「食育」をしています。それは歯科医として色々な勉強会に出たりすることで、先輩や皆さまから学ばせて頂くことのできる環境にいるからだと思います。お母さん達にも「食育とは」とおしつけるのではなく、苦なく、楽しみながらそのようなことを知って頂き考えていくような場がもっとあれば良いですよね。

最後には主催のNPO法人兵庫県農漁村社会研究所理事長の保田茂先生が農業の現在、20年後の農業就業人口低下に対する懸念、地域ではばたく!ことの大切さのお話をしてくださいました。

学校関係者の方々のご意見などもお聞きする事ができ、ひじょうに有意義な勉強会でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へにほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ

関連記事

  1. 悪天候の中
  2. 夏休み。
  3. KOBECCO
  4. 日本ドライシンドローム学会
  5. ミモザ
  6. 口呼吸
  7. 里山にて
  8. 日本口臭学会 第7回学術大会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








最新記事

PAGE TOP