予防歯科治療

Medical

予防歯科治療|Lotus Medicine health&beauty clinic

予防歯科治療

MEDICAL

予防歯科とは

今まで、歯医者へ行くのは「歯が痛くなった時」もしくは「虫歯の治療するために」という考え方ではありませんでしたか?もちろん、治療医療は必要不可欠ですが治療医療のみだけ進んでしまうと、結果的に虫歯や歯周病が増え続けてしまうのが現実なのです。
日本人の80歳のときの残在歯の数は10本程度といわれています。当然、それに伴い、入れ歯への依存度はとても高いことがわかります。特に、50歳を超えた日本人の半分以上、また75歳を超えると6割~7割程度の患者さまが入れ歯に頼っているという話があります。これに対して欧米人は同じ年齢でも残在歯数は日本の倍程度(20本程度)の本数が残っているといわれています。この違いはどこからうまれてくるのでしょうか。実は、予防歯科に対する概念の違いがこの結果をうんでいるのです。これからは、しっかり予防歯科を行い、いかに虫歯で歯を削らないか、歯周病で歯を抜かないかが大切です。虫歯や歯周病にならないために日頃から歯医者さんで管理、指導する新しい歯科医療それが予防歯科医療です。

予防歯科治療

  • 口腔内検査・歯周検査

    一人ひとりに最適なオーダーメイドの予防をご提供するためにも、口腔内撮影、視診などを行い、現在の歯や歯茎、お口の状態を正確に把握します。

  • PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)

    普段のブラッシングでは落ちない歯の汚れや細菌の膜(バイオフィルム)を機械を用いて取り除く歯のメンテナンスのことをいいます。セルフケアだけでは磨き残しを完璧に防ぐことは難しいです。また、一度歯に付着したタバコのヤニやステインなどは通常の歯磨きだけでは取り除くことができません。そこで私たち専門家がツルツルにみがきあげることによって汚れが再付着することもふせいでくれます。

  • スケーリング(歯石取り)

    歯石は歯垢(プラーク)が石灰化してできた硬い塊で、歯磨きなどの通常のセルフケアでは落とせません。
    スケーラーという歯科医院専用の器具を使用して、歯の表面はもちろん、よく耳にする歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)内にある歯垢や歯石を除去します。これが「スケーリング(歯石取り)」です。予防としての目的だけでなく、初期の歯周病(歯肉炎)を改善する治療としても行います。

  • エアフロー

    エアフローとは、歯の表面に水と塩の細かな粒子のウォータースプレーを吹き付けて、PMTCでは落とせなかったこびりつき汚れをしっかり落としていく、本格的な歯のクリーニングのことです。
    エアフローはジェットクリーニングとも呼ばれ、普段のブラッシングではキレイに洗うことができないブリッジの下やインプラントまわりの汚れなどもスッキリ落とすことができます。エアフローによる汚れ除去効果は、PMTCやホワイトニングなどを始める前に行うことで、予防歯科効果をより高めることができます。
    PMTC同様、エアフローを行ったあとは、歯の表面がツルツルしていますので、プラークや歯石などの再付着を防ぐことができ、虫歯や歯周病などのお口の病気にかかるリスクを下げることができます。

  • 唾液検査

    虫歯ができる原因は細菌です。しかし、細菌がいるだけでは虫歯は発生しません。細菌感染の要因となる条件が整うことで、虫歯が発生してしまうのです。唾液検査では、虫歯の直接的な原因となる細菌、そして細菌感染が起こる条件(口腔環境)について調べます。それにより、その人に合った効果的な虫歯予防が可能になります。

  • 食事指導、カウンセリング

    口は命の入り口、心の出口です。
    食事内容をお聞きし、歯と歯茎の健康のためのお食事指導、カウンセリングを行います。